上手い飼い方のコツ

飼い方に気を付けたいパピヨン
まずパピヨンブリーダーが飼い方でこだわっているポイントはしつけです。
パピヨンは非常に賢い犬種であるため、生後3か月前後からしつけなければ
我儘に育ってしまう可能性があります。

子犬の時期

特にトイレのしつけは大事で、一度粗相をしてしまったらそこをトイレだと思って
繰り返してしまうリスクが高いです。

このケースはパピヨンに限らず、全ての犬種に共通しています。
実は犬には寝床で排泄せず、また同じ場所で済ませてしまう習性があるのです。

そのため、用意するペットサークルもしくはゲージにトイレ用のスペースを作成します。

作り方は簡単で、子犬がトイレをするまで待って、その部分をトイレのスペースとして専用のアイテムを詰め込むだけです。
そして反対側にベットやタオルを敷き詰め、寝床として整えれば完成となります。

それでも失敗する場合は叱らず、理想的な場所で済ませられるように工夫するのが大事です。
もしも叱れば排泄行為そのものに対して叱られていると思い、こっそり済ませるようになって問題が深刻になっていきます。

反対に上手に出来たら褒めるようにすれば、成功していきます。

上手い飼い方のコツは他にもある

パピヨン犬の飼い方において、しつけは大事です。
その賢さゆえに良い事も悪い事も覚えてしまうパピヨン犬は根気よく向かい合わなくては、一緒に暮らす事が難しくなっていきます。

そのためしつけは絶対に欠かせないものの、怒鳴ったり威圧的な態度で接したりしてはいけないです。
そうなれば飼い主に対して怯えるようになり、吠え癖がつくかもしれません。

行う場合は毅然とした態度で、「いけないよ」と悪い行動をした直後に注意しなくてはならないです。
現行犯でなければ悪い事と良い事が理解できず、またいつも同じ事を注意しなくては覚える事ができません。

その際は呼びつけず、自ら赴く必要があります。もしも呼びつけた際は嫌な記憶として
フラッシュバックし、近寄らなくなる可能性が高いからです。

避けられる

そしてパピヨン犬だけでなく、他の犬に通じるコツは愛情と褒める事が挙げられます。
自分たちのためとはいえ、愛情がなければただの虐待です。愛情があってこそしつけは成立し、
また注意するよりも褒められる部分を探す事が上手い飼い方の秘訣と言えます。

 

予防  しつけ教室 清潔  飼い方  健康面  発情  環境  動物愛護法  病気対策  教わる